Im Anfang war das Buch-購書&購盤日記-

本やCDを買う日々の記録です。完全版はこちら → http://blog.goo.ne.jp/azev

《懸賞》2007.07.17 大塚べバレジ【天空烏龍茶】オフィスサンプリングキャンペーン

天空烏龍茶

 まぐまぐ!のメルマガで「厳選プレゼント!!1000人以上当選!!」を配信してもらっています。タイトルにある通り、1000人以上当選のプレゼント情報が載っているものです。これが結構当たるんです(毎週毎週とか毎月毎月ではありませんが)。
 備忘も兼ねて記録していきたいと思います。
 今回は大塚べバレジ【天空烏龍茶】オフィスサンプリングキャンペーンで天空烏龍茶のペットボトル24本が当たりました。ありがとうございました。

※天空烏龍茶 | 大塚ベバレジ


スポンサーサイト
  1. 2007/07/19(木) 08:16:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

《購盤》 2007.07.15 ブックオフ福山野上店

ブックオフ福山野上店

六代目 三遊亭圓生 「突き落し/品川心中」

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.突き落し [27:50] 昭和41年6月5日TBSラジオ放送
 2.品川心中 [25:55] 昭和34年10月14日TBSラジオ放送
テイチク TECR-20025 ¥600

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.大山詣り [28:50] 昭和41年7月TBSラジオ録音
 2.人形買い [26:23] 昭和31年5月1日TBSラジオ放送
テイチク TECR-20026 ¥600

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.一ツ穴 [27:39] 昭和42年8月27日TBSラジオ放送
 2.茶の湯 [27:15] 昭和34年5月7日TBSラジオ放送
テイチク TECR-20027 ¥600

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.真田小僧 [24:00] 昭和42年10月7日TBSラジオ放送
 2.代脈 [23:46] 昭和42年11月11日TBSラジオ放送
テイチク TECR-20028 ¥600

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.三軒長屋(上)   28'31"  昭和36年05月09日放送音源 TBS
 2.三軒長屋(下)   27'37"  昭和35年04月22日放送音源 TBS
テイチク TECR-20029 ¥600

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.やかん [16:01] 昭和41年3月4日TBSラジオ放送
 2.転失気 [14:07] 昭和43年2月TBSラジオ録音
テイチク TECR-20030 ¥600

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.無精床 [24:54] 昭和43年5月13日TBSラジオ録音
 2.弥次郎 [24:36] 昭和42年11月TBSラジオ録音
テイチク TECR-20031 ¥600

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.遠山政談 [28:01] 昭和41年8月TBSラジオ録音
 2.一文惜しみ [28:42] 昭和34年4月13日TBSラジオ放送
テイチク TECR-20032 ¥600

◎花形落語特撰/三遊亭圓生
 1.お藤松五郎 [40:29] 昭和32年5月9日TBSラジオ録音
 2.肝つぶし [17:19] 昭和33年11月22日TBSラジオ放送
テイチク TECR-20043 ¥600

 こういった形で大量に出るのは珍しいのでは。お買い得だったと思います。

  1. 2007/07/18(水) 05:50:44|
  2. 購盤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《購書》 2007.07.15 ブックオフ福山野上店

ブックオフ福山野上店

◎名探偵コナン(21),青山剛昌,,小学館,少年サンデーコミックス,1998,¥105
 息子(中1)が欲しがったので。

名探偵コナン(28)

◎名探偵コナン(28),青山剛昌,,小学館,少年サンデーコミックス,2000,¥105
 娘(小2)が欲しがったので。



  1. 2007/07/17(火) 05:37:45|
  2. 購書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《購書》 2007.07.14 啓文社ポートプラザ店

啓文社ポートプラザ店

◎『別冊宝島1449 軍人シリーズ 東條英機-皇国の殉教者-』宝島社(2007年7月) ¥1,200
 従来のステレオタイプの東條英機観を否定する、なかなか充実した内容だと思います。つまり東條英機を単純に善玉、悪玉と決め付けないということですね。

●2007152,未来形の読書術,石原千秋,,筑摩書房,ちくまプリマー新書,2007,¥756
 石原千秋なので。

●2007153,日本の戦時下ジョーク集-満州事変・日中戦争篇-,早坂隆,,中央公論新社,中公新書ラクレ,2007,¥777
●2007154,日本の戦時下ジョーク集-太平洋戦争篇-,早坂隆,,中央公論新社,中公新書ラクレ,2007,¥777
 ジョーク集なので。
  1. 2007/07/16(月) 05:17:56|
  2. 購書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《購書》 2007.07.12 ブックオフ西条中央店

ブックオフ西条中央店

さまよえる湖


●2007150,さまよえる湖,スヴェン・ヘディン,鈴木啓造,中央公論新社,中公文庫BIBLIO,2001,¥105
 古典なので。

●2007151,ソウルと平壌,萩原遼,,文藝春秋,文春文庫,1998,¥105
 知的好奇心から。


  1. 2007/07/15(日) 05:40:58|
  2. 購書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《読書》島田裕巳『公明党vs.創価学会』朝日新書




●〔57〕島田裕巳『公明党vs.創価学会』朝日新書(2007.07.08読了)〈2007134〉

○内容紹介
一心同体でなくなった公明党と創価学会。実は、その緊張関係のなかに、公明党の力の秘密が潜む―政権の一翼を担う、「宗教政党」公明党はこれからどこへゆくのか。創価学会研究の第一人者が切り込む。


 公明党と創価学会の関係について、非常にわかりやすく、ニュートラルな立場から叙述されていました。著者は宗教学者ですが、むしろ学者というよりジャーナリストの作品という感じでした。

○本書の目的
 本書においては、公明党と創価学会とが一心同体であった時代から話をはじめ、言論出版妨害事件を経て、異体同心を強調しなければならなくなった時代における両者の関係を明らかにしていく。事態はさらに進んで、二つの組織が「異体異心」になりつつあるとさえ言える。(p.11)

 タイトルの『公明党vs.創価学会』に、「vs.」があるので、あれっ、と思うわけですが、その理由は上記の通りです。でも結局、私には「公明党=創価学会」としか思えないのですが。

○目的は国立戒壇建立
 この元日(引用者註:1954年)の『聖教新聞』には、「国立戒壇建立の日まで」という記事が載せられ、広宣流布がなり、国立戒壇が建立されるまでのスケジュールが示されていた。そこでは、完成するのは二十五年以内であるとされ、具体的な方法については次のように述べられていた。

この期間に日蓮大聖人様出世の本懐であらせられる弘安二年十月十二日の大御本尊に対し奉り日本一同に帰依して国立戒壇建立の御教書が発せられるであろう。否発せさせなければならないのである。御教書とは衆議院に於いて過半数の構成を以て発せられるものである故これが獲得の為にも正法弘通の活動は今後新生面が展開されなければなるまい。昭和二十九年度はその準備の年として邪教との法戦の徹底化、民衆に対する折伏の徹底化が計られる期間であろう。

 ここでは、はっきりと、広宣流布が国立戒壇の建立を目的としたもので、その建立のための教書を発するためには、衆院において過半数が賛成しなければならないとされている。(p.34)

○選挙は信仰の手段
 参院進出の前、一九五六年三月に豊島公会堂で聞かれた本部幹部会での講演で、戸田は、創価学会が選挙をやる理由の1つとして、選挙になると会員たちの目の色が変わってくるので、支部や学会の信心を締めるために使えると述べていた。(p.38)

○エリートを抑える仕組み
 しかし、創価学会の組織のなかには、エリートが幅を利かすことが難しい仕組みが作り上げられている。拙著『創価学会』でも述べたが、池田は、本部幹部会におけるスピーチで、幹部が奢った態度をとることをつねに戒め、反対に庶民である一般の会員を待ち上げる。会長をはじめ、名だたる幹部たちが、池田に叱責されることも珍しくない。(中略)
 この点で、創価学会の最大のライバルになってきた共産党とは異なっている。共産党では、幹部は東大出を中心としたエリートで、エリート党員がそのまま党の権力を握っている。議長が、公の場でエリート党員を叱責し、一般党員を持ち上げるようなことはない。(pp.209~210)

※関連図書



  1. 2007/07/14(土) 05:37:51|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《雑記》東京CD行脚(その4)

○1992年11月3日(火)
 文化の日。
 この日は秋葉原へ。

◎石丸電気3号店

クレンペラー/三文オペラ

  ・ベルリオーズ:幻想交響曲op.14、グルック:歌劇「アウリスのイフィゲニア」序曲、ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第1番op.138;オットー・クレンペラー/PO(¥1,627)
 ・ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲、バレエ「プルチネルラ」組曲、ワイル:小さな「三文オペラ」、ヨハン・シュトラウスⅡ:ワルツ「ウィーンかたぎ」;オットー・クレンペラー/PO(¥1,627)
 ・リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30、交響詩「ドン・ファン」op.20、交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」op.28;ユージン・オーマンディ/フィラデルフィアo(¥1,318)
 ・メンデルスゾーン:八重奏曲変ホ長調op.20、ボッケリーニ:チェロ五重奏曲op.37-7;アカデミーco(¥1,215)
 ・チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調op.74「悲愴」、組曲「くるみ割り人形」op.71a;アルトゥーロ・トスカニーニ/NBCso(¥1,627)
 ・メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調op.90「イタリア」、ビゼー:交響曲ハ長調;レオポルド・ストコフスキー/ナショナルpo(¥1,318)
 ・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集;アマデウスSQ(¥10,670)
 ・チャイコフスキー:スラヴ行進曲op.31、ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」、ムソルグスキー:交響詩「はげ山の一夜」、リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲+、チャイコフスキー:大序曲「1812年」op.49*;レオポルド・ストコフスキー/LSO、RPO*、NPO+他(¥1,215)

 ・グリーグ:チェロ・ソナタ、ブラームス:チェロ・ソナタ;vc:ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ pf:スヴャトスラフ・リヒテル(¥2,142)※友人に頼まれたもの

◎Discmap
  ・ベルリオーズ:幻想交響曲op.14、序曲「海賊」op.21、序曲「ローマの謝肉祭」op.9、劇的物語「ファウストの劫罰」~妖精の踊り・ハンガリー行進曲;エルネスト・アンセルメ/SRO(¥1,390)
 ・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.77、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調op.47;vn:ジノ・フランチェスカッティ レナード・バーンスタイン/NYP(¥1,390)
 ・ハイドン:チェロ協奏曲第2番ニ長調op.101、ボッケリーニ:チェロ協奏曲変ロ長調*;vc:ジャクリーヌ・デュ・プレ ジョン・バルビローリ/LSO ダニエル・バレンボイム/ECO*(¥1,854)
バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽、ストラヴィンスキー:バレエ「ミューズの神を率いるアポロ」,エフゲニー・ムラヴィンスキー/LEPO(¥1,524)
 ・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.77、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op.26*;vn:アルテュール・グリュミオー コリン・デイヴィス/NPO ハインツ・ワルベルク/NPO*(¥1,215)
 ・ブラームス:交響曲第3番ヘ長調op.90、ハイドンの主題による変奏曲op.56a;カール・シューリヒト/南西ドイツ放送so(¥1,215)
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調op.125「合唱」;ヤッシャ・ホレンシュタイン/ウィーン・プロムジカso ウィーン楽友協会cho(¥1,009)
 ・ハイドン:弦楽四重奏曲第67番ニ長調op.64-5「ひばり」、弦楽四重奏曲第77番ハ長調op.76-3「皇帝」、弦楽四重奏曲第78番変ロ長調op.76-4「日の出」;エオリアンSQ(¥1,318)

 ・ブラームス:交響曲第1番;ブルーノ・ワルター/コロンビアso(¥1,009)※友人に頼まれたもの

 3日間の「東京CD行脚」で、回ったCD店は12軒、買った枚数は44枚(セット)+3枚、金額は¥80,219でした。
 1時10分東京駅発の新幹線に乗り、5時28分に福山駅着。


  1. 2007/07/13(金) 05:29:30|
  2. 古書CD行脚
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

《雑記》東京CD行脚(その3)

○1992年11月2日(月)
 この日は仕事は休みをとって、引き続き東京に滞在しました。
 まず、神保町方面へ。

◎三省堂書店
 1時間ばかり店内をウロウロしましたが、結局何も買わず。

◎書泉グランデ
 ・将棋界の若き頭脳群団,石堂淑朗,,学習研究社,,1992

◎disk unionお茶の水4号店
 ・ワーグナー:「ニーベルングの指環」管弦楽曲集;ズービン・メータ/NYP他」(¥1,122)
 ・ストラヴィンスキー:詩篇交響曲、マーラー:交響曲第1番「巨人」;イーゴリ・マルケヴィチ/フランス国立o(¥1,174)
 ・リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30、交響詩「英雄の生涯」op.40、ホルン協奏曲第1番変ホ長調op.11*、ホルン協奏曲第2番変ホ長調*;ズービン・メータ/LAPO、hrn:バリー・タックウェル* イシュトヴァン・ケルテス/LSO*(¥1,442)
 ・シューベルト:交響曲第8番ロ短調D.759「未完成」、交響曲第9番ハ長調D.944「ザ・グレート」;アルトゥーロ・トスカニーニ/NBCso(¥1,236)
 ・リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」op.35*、交響詩「死と変容」op.24;アルトゥーロ・トスカニーニ/NBCso vc:フランク・ミラー* vla:カールトン・クーリー* vn:ダニエル・ギレット*(¥1,236)
 ・マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調;ジョン・バルビローリ/NPO(¥1,236)
 ・ブラームス:交響曲第4番ホ短調op.98、アルト・ラプソディop.53;エードリアン・ボールト/LPO他(¥1,133)


◎小宮山書店
 ・本屋通いのビタミン剤,井狩春男,,筑摩書房,,1990

 昼食はキッチン南海でカツカレー。

◎ササキレコード
 ・ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲イ短調op.53、ロマンス・ヘ短調op.11;vn:チョン・キョンファ リッカルド・ムーティ/フィラデルフィアo(¥1,400)
 ・ベルリオーズ:幻想交響曲op.14、序曲「海賊」op.21、歌劇「トロイ人」より~王の狩りと嵐;トマス・ビーチャム/RPO他(¥1,300)
 ・リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」op.35;トマス・ビーチャム/RPO vn:スティーヴン・スタリック(¥1,300)


◎文華堂書店
 ・太平洋戦争(上),児島襄,,中央公論社,中公新書,1965
 ・太平洋戦争(下),児島襄,,中央公論社,中公新書,1966
 ・FBI物語,ドン・ホワイトヘッド,桃井真,日本外政学会,,1966
 ・アメリカ海兵隊の徹底研究,稲垣治,,光人社,,1990


 それから、古賀書店、南海堂書店などを覗き、

ムラヴィンスキー

◎新世界レコード
 ・ワーグナー:歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲、ストラヴィンスキー:バレエ「アゴン」、ショスタコーヴィチ:交響曲第15番イ長調op.141;エフゲニー・ムラヴィンスキー/LEPO(¥1,500)
 新世界レコードは今年の7月3日に閉店したそうです。

 神保町駅から地下鉄に乗り渋谷へ。

◎WAVE
 ・ブルックナー:交響曲第3番ニ短調「ワーグナー」;カール・シューリヒト/VPO(¥1,545)

◎HMV渋谷
 ・ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調op.55「英雄」、交響曲第1番ハ長調op.21、交響曲第6番ヘ長調op.68「田園」*、交響曲第8番ヘ長調op.93*;ヘルマン・シェルヘン/ウィーン国立歌劇場o、ロンドン・フィルハーモニーso*(¥1,957)
 ・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.35、交響曲第4番ヘ短調op.36、ピアノ協奏曲第1番ロ短調op.23*、幻想序曲「ロメオとジュリエット」+、大序曲「1812年」op.49+;vn:エリカ・モリーニ アルトゥール・ロジンスキー/ロンドン・フィルハーモニーso pf:ヤコブ・ラタイナー*1 アルマンド・アリベルティ/ウィーン国立歌劇場o* ヘルマン・シェルヘン/ウィーン国立歌劇場o+(¥1,957)


 この日も親戚宅へ泊まりました。
  1. 2007/07/12(木) 05:21:11|
  2. 古書CD行脚
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

《雑記》東京CD行脚(その2)

○1992年11月1日(日)
 この日は朝から金沢八景の友人宅へ。
 4時半頃東京へ戻り、新宿でCD行脚。

◎disk union新宿店
 ・モーツァルト:弦楽四重奏曲《ハイドン・セット》(第14番~第19番);メロスSQ(¥3,708)
 ・ブルックナー:交響曲第8番ハ短調;カール・シューリヒト/VPO(¥1,030)
 ・メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調op.90「イタリア」、交響曲第5番ニ短調op.107「宗教改革」;アルトゥーロ・トスカニーニ/NBCso(¥1,442)
 ・ハイドン:交響曲第93番ニ長調、第94番ト長調「驚愕」、交響曲第96番ニ長調「奇蹟」;コリン・デイヴィス/ACO(¥1,339)
 ・ブラームス:交響曲第3番ヘ長調op.90、大学祝典序曲op.80*、セレナード第2番ハ長調op.16*;エードリアン・ボールト/LSO、LPO*(¥1,030)
 ・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調op.95「新世界から」、スメタナ:交響詩「わが祖国」よりモルダウ、リスト:交響詩「前奏曲」*;フェレンツ・フリッチャイ/BPO、ベルリン放送so*(¥1,339)
 ・ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調op.93;エフゲニー・ムラヴィンスキー/LEPO(¥1,648)

 ・シューベルト:弦楽四重奏曲第11番、第15番;ウィーン・コンツェルトハウスSQ(¥1,751)※友人に頼まれたもの

◎レコファン新宿店
 ・ハイドン:交響曲集(第88番「V字」、第92番「オックスフォード」、第95番、第98番*、第101番「時計」*、第100番「軍隊」、第102番、第104番「ロンドン」);オットー・クレンペラー/NPO、PO*(¥4,950)

ルドルフ・ケンペ/英雄の生涯

 ・リヒャルト・シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」op.40;ルドルフ・ケンペ/ドレスデン国立o(¥1,150)


◎ヴァージン・メガストア新宿店
 ・フランク:交響曲ニ短調、シューマン:ピアノ協奏曲イ短調op.54*;オットー・クレンペラー/NPO、PO* pf:アニー・フィッシャー(¥1,751)
 ・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調op.47、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリツィオーソop.28;vn:ディラーナ・ジェンソン ユージン・オーマンディ/フィラデルフィアo(¥1,339)
 ・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調op.125「合唱」;S:マーガレット・プライス Ms:マリリン・ホーン T:ジョン・ヴィッカース Bs:マッティ・サルミネン ズービン・メータ/NYP ニューヨーク・コーラル・アーティスト(¥1,339)


 この日も目黒の親戚宅へ宿泊。


  1. 2007/07/11(水) 05:09:19|
  2. 古書CD行脚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《雑記》東京CD行脚(その1)

 仕事で東京へ行く機会があり、東京CD行脚を行ないました。その記録です。

○1992年10月31日(土)
 朝、8時過ぎの新幹線に乗って東京へ。昼過ぎに東京着。4時頃までお仕事。その後、いよいよCD行脚開始です。場所は渋谷から。

ボールト/ワーグナー

レコファン渋谷3号店
 ・ワーグナー:楽劇「神々の黄昏」より~夜明けとジークフリートのラインへの旅、楽劇「神々の黄昏」より~ジークフリートの葬送行進曲、歌劇「タンホイザー」序曲*、歌劇「タンホイザー」第3幕前奏曲、歌劇「タンホイザー」より~大行進曲、楽劇「トリスタンとイゾルデ」~第1幕前奏曲*、楽劇「トリスタンとイゾルデ」~第3幕前奏曲;エードリアン・ボールト/LPO、NPO*(¥950)

disk union渋谷店
 ・サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調op.78「オルガン」;シャルル・ミュンシュ/BSO org:ベルリ・ザムコヒアン(¥1,236)

 当時と現在では店舗名が変わっているようです。
 宿泊は目黒の親戚宅。



  1. 2007/07/10(火) 05:30:12|
  2. 古書CD行脚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

《購書》 2007.07.08 ブックオフ福山野上店

ブックオフ福山野上店

●2007148,お寺の経済学,中島隆信,,東洋経済新報社,,2005,¥800
 面白いかと思って。

図解 哲学のことが面白いほどわかる本

●2007149,図解 哲学のことが面白いほどわかる本-本当のことがホントにわかる!-,浜田正(編著),,中経出版,,1999,¥105
 知的興味関心から。

  1. 2007/07/09(月) 05:38:43|
  2. 購書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《購書》 2007.07.07 啓文社ポートプラザ店

啓文社ポートプラザ店

●2007147,ロシアン・ジョーク,酒井陸三,,学習研究社,学研新書,2007,¥777
 ジョーク集なので。

◎『ヤフーインターネットガイド』8月号 ¥790
 情報収集のため。

女性の品格

◎女性の品格-装いから生き方まで-,坂東眞理子,,PHP研究所,PHP新書,2006,¥756
 父に頼まれたので。テレビで紹介されたとか。


  1. 2007/07/08(日) 05:35:50|
  2. 購書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《映画》2007.07.07「パッチギ!」

「パッチギ!」


○内容紹介
 『ゲロッパ!』の井筒和幸監督が、若者たちの恋と喧嘩を軸に、日本と朝鮮の深い溝とそれを乗り越える前向きな力を問う屈指の傑作青春映画。1968年の京都、高校2年の康介(塩谷瞬)はかねがね敵対する朝鮮高校に親善サッカー試合の交渉をするはめに。しかし訪れた朝鮮高校で彼は、音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目ぼれし、彼女と仲良くなりたい一心で、『イムジン河』の歌をギターで覚えるが……。
 ベースは国籍の違いによる日本版『ロミオとジュリエット』だが、その実二国間のさまざまな世代が織り成すエネルギッシュな群集劇として見事に屹立。また深刻な問題に真正面から取り組みつつも、あくまでもにぎやかでコミカルに進むテイストからは、井筒監督ならではの人間讃歌がうかがえよう。娯楽を機軸に、観る者の意識を啓蒙させ向上させえる、これぞ真のエンタテインメントと断言したい。なおパッチギとはハングル語で“頭突き”のこと。“突き破る”“乗り越える”という意味もある。(増當竜也)

 テレビ放映を録画していたものを見ました。
 康介とキョンジャのラブストーリーがメインでしょうが、当時の風俗やまわりの登場人物の方が面白く見ることができました。毛沢東主義者の担任教師など、結構笑えてしまいます。
 日本の朝鮮に対する植民地支配や在日朝鮮人に対する差別の話が随所に出てきましたが、ケンカにあけくれる朝鮮高級学校の生徒達の描写は、却って差別を助長する面もあるのではと思いました。

※公式サイト

  1. 2007/07/07(土) 07:50:06|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

《読書》船戸与一『藪枯らし純次』(中国新聞連載)

●〔番外〕船戸与一『藪枯らし純次』(中国新聞連載小説 2006.04.18~2007.05.31)

○内容紹介
 中国山地のひなびた赤猿温泉へ「藪枯らし純次」が帰って来た。村人から自殺に追い込まれた母と姉の復讐をするためではないかと怯える村人たちは、純次を見張るために興信所の調査員・高倉を雇うが……。

 主人公・高倉のニヒルでいて、意地と信念を持ったキャラも良かったですし、登場人物もいずれも一癖も二癖もある個性的なキャラでした。
 赤猿温泉は場所ははっきりとは書かれていませんが、山口県、中国山地にあると思われます。その秘められた歴史の謎にも惹きこまれていきました。
 毎日楽しみに読んでいました。近年の新聞連載小説では久々のヒットでした。
 船戸与一の作品を読むのは初めてでしたが、他の作品にも興味がわき、『風の払暁 満州国演義1』『事変の夜 満州国演義2』を読む契機ともなりました。
 最後はどんでん返し。ちょっとあっけない結末でした。
 しかし、藪枯らし純次が赤猿温泉に帰郷して開いたバーの店名が「レッド・モンキー」。ちょっとベタですね(笑)。

藪枯らし純次

※画像は最終回



  1. 2007/07/06(金) 08:45:51|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《雑記》関西古書CD行脚(その11)

○1993年8月26日(木)
 3日め。

◎タワーレコード心斎橋店
 ・ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.77、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op.26*;vn:ダヴィッド・オイストラフ アンドレ・クリュインタンス/フランス国立放送so ロヴロ・フォン・マタチッチ/LSO*(¥1,494)



 ・ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調op.47*;vn:ジノ・フランチェスカッティ ブルーノ・ワルター/コロンビアso、vn:ダヴィッド・オイストラフ ユージン・オーマンディ/フィラデルフィアo*(¥1,185)
 ・ベルリオーズ:幻想交響曲op.14他;ジェームズ・コンロン/フランス国立o他(¥1,123)
 ・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.77、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.35;vn:ヤッシャ・ハイフェッツ フリッツ・ライナー/CSO(¥1,494)
 ・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.77、ハチャトゥリヤン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調;vn:ヘンリク・シェリング アンタル・ドラティ/LSO(¥1,494)
 ・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.77、アルト・ラプソディop.53*、ハイドンの主題による変奏曲op.56a*;vn:ヘンリク・シェリング ピエール・モントゥー/LSO、ユージン・オーマンディ/フィラデルフィアo他*(¥1,494)
 ・ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op.26、ラロ:スペイン交響曲op.21、ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第5番イ短調op.37*;vn:ピンカス・ズッカーマン ズービン・メータ/LAPO、チャールズ・マッケラス/LSO*(¥1,185)
 ・ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番ヘ長調「アメリカ」op.96、ピアノ五重奏曲イ長調op.81*:pf:ヨゼフ・ハーラ* スメタナSQ(¥1,432)
 ・メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調op.90「イタリア」、八重奏曲変ホ長調op.20*;パブロ・カザルス/マールボロ音楽祭o、vn:ハイメ・ラレード、アレクサンダー・シュナイダー他*(¥1,494)
 ・メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調op.64、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op.26:vn:ナタン・ミルシテイン レオン・バージン/PO(¥1,288)
 ・メンデルスゾーン:交響曲第3番イ短調op.56「スコットランド」、第4番イ長調op.90「イタリア」;シャルル・ミュンシュ/BSO(¥1,185)
 ・ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵(ラヴェル編)、プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調op.35「古典」、組曲「キージェ中尉」op.60*;エルネスト・アンセルメ/SRO、エードリアン・ボールト/PCO*(¥1,226)
 ・ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵(ラヴェル編)、ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」;リッカルド・ムーティ/フィラデルフィアo(¥1,494)
 ・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調op.18、第3番ニ短調op.30*;pf:アレクサンダー・ブライロフスキー ENRIQUE JORDA/サンフランシスコso、pf:バイロン・ジャニス シャルル・ミュンシュ/BSO*(¥1,185)
 ・シベリウス:交響詩「フィンランディア」op.26-7、組曲「カレリア」op.11、交響詩「ポヒョラの娘」op.49、悲しきワルツ~劇音楽「クレオマ」op.44より、レンミンカイネンの帰郷~4つの伝説曲op.22より;ジョン・バルビローリ/ハレo(¥1,494)
 ・ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」、ボロディン:交響曲第2番ロ短調;キリル・コンドラシン/ACO(¥1,494)
 ・ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、ベルガマスク組曲~「月の光」、フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」~シシリエンヌ、オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」序曲、マイアベーア:歌劇「予言者」~戴冠式行進曲、ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」、ルジェ・ド・リール:ラ・マルセイエーズ(ベルリオーズ編);ユージン・オーマンディ/フィラデルフィアo(¥1,185)。


 帰りも青春18切符を使用。1時45分に大阪駅を出て、姫路、岡山で乗り換えて、5時30分福山駅着。
 今回のCD行脚で買ったのは41枚(セット)、¥64,936。う~ん、若かった(笑)。

  1. 2007/07/05(木) 05:56:10|
  2. 古書CD行脚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《雑記》関西古書CD行脚(その10)

○1993年8月25日(水)
 2日め。

◎ディスクピア難波店
 ・ハイドン:交響曲第88番ト長調「V字」、第95番ハ短調*、第101番二長調「時計」*;フリッツ・ライナー/CSO、so*(¥1,524)
 ・シューマン:交響曲第1番変ロ長調op.38《春の交響曲》、第4番ニ短調op.120*;シャルル・ミュンシュ/BSO、エーリヒ・ラインスドルフ/BSO*(¥1,318)
 ・シューベルト:交響曲第8番ロ短調D.759「未完成」、第9番ハ長調D.944「ザ・グレート」;シャルル・ミュンシュ/BSO(¥1,318)
 ・チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調op.74「悲愴」、幻想序曲「ロメオとジュリエット」;シャルル・ミュンシュ/BSO(¥1,524)
 ・メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調op.64、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op.26*;vn:ユーディ・メニューイン ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス/LSO、エードリアン・ボールト/LSO*(¥1,009)


◎ON AIR
 ・ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68;ズービン・メータ/VPO(¥1,800)
 ・ショスタコーヴィチ:オラトリオ「森の歌」op.81、無伴奏混声合唱のための「十の詩」op.88*;Bs:イワン・ペトロフ T:ウラジーミル・イワノフスキー アレクサンドル・ユルロフ(総指揮) ユーリー・イワノフ/モスクワpo モスクワ国立合唱学校少年cho アカデミー・ロシア共和国cho、グレゴリー・サンドレル/レニングラード放送cho*(¥1,200)


 なんば古書街へ。

◎望月書店
 ・ドイツ戦車軍団全史-フォン・メレンティン回想録-,F・W・フォン・メレティン,矢嶋由哉・光藤亘,朝日ソノラマ,,1980
◎龍久書房

政治家の条件

 ・政治家の条件-イギリス、EC、日本-,森嶋通夫,,岩波書店,岩波新書,1991
◎福永書店
 ・棄民の森,井上淳,,講談社,推理特別書き下ろし,1989
◎水成書店
 ・K,久松淳,,新潮社,新潮ミステリー倶楽部,1990
◎加藤書店
 ・ルーズベルトの刺客,西木正明,,新潮社,,1991
◎第一書店
 ・哀しき追跡者,フィリップ・ケリガン,長野きよみ,早川書房,ハヤカワ文庫,1991

◎ソフマップ1号店
 ・インクジェットプリンタ チノンIJK-112(¥16,274・送料込)
 卓上用のプリンタが欲しかったので、中古で買いました。当時はもちろんMS-DOSの時代です。

 この日も親戚宅に宿泊。
  1. 2007/07/04(水) 05:24:45|
  2. 古書CD行脚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《読書》堀場亙・岡本博信(文)峠タカノリ(イラスト)『ドキッ 乙女だらけの帝國陸軍入門』イカロス出版



●〔56〕堀場亙・岡本博信(文)峠タカノリ(イラスト)『ドキッ 乙女だらけの帝國陸軍入門』イカロス出版 2007
(2007.07.01読了)〈2007146〉

○内容紹介
昭和初期から第二次大戦終戦まで東アジア全域で死闘を繰り広げた大日本帝國陸軍は、その頑強かつ勇敢な戦いぶりや、九七式中戦車チハや一式戦闘機「隼」をはじめとする特徴的な兵器により、根強い人気を誇っている。本書はその帝國陸軍を、ミニスカ軍服の女の子たちを交え、編制、兵器、戦法、戦史、人物などなど様々な面から解説した陸軍入門書。解説は雑誌「歴史群像」などで帝國陸軍のディープな記事を執筆中の堀場亙氏、イラストは無骨な兵器からバインバインなお姉ちゃんまで何でもOKの峠タカノリ氏が担当! 栄光と挫折の帝國陸軍を楽しく学ぼうぜ!

 コンセプトは「萌え」(笑)。しかし、外観とは裏腹に中身はかなりディープでマニアックなものでした。
 特に、「第4章 典令範」では、各種典令範(「統帥綱領」、「作戦要務令」、「歩兵操典」等)について、詳しく解説してあり、類書に例を見ないものかと思います。


  1. 2007/07/03(火) 05:33:31|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《購書》 2007.06.30 宮脇書店福山多治米店(その2)

宮脇書店福山多治米店

●2007146,ドキッ 乙女だらけの帝國陸軍入門,堀場亙・岡本博信(文)峠タカノリ(イラスト),,イカロス出版,,2007,¥1,700
 軍事物なので。

美味しんぼ(99)

◎雁屋哲(作)花咲アキラ(画)『美味しんぼ』(99)ビッグコミックス 2007 ¥530
 最近B級グルメネタが少ないのでちょっと淋しいです。


  1. 2007/07/02(月) 06:01:54|
  2. 購書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

《購書》 2007.06.30 宮脇書店福山多治米店(その1)

宮脇書店福山多治米店

週刊新潮

◎『週刊新潮』7月5日号 ¥300
 「結婚/もてない男「小谷野敦氏」に<好きです>と告白した大学院生」という記事が目当てで買いました。
 小谷野敦の結婚を知ったのは、小谷野敦のブログ「猫を償うに猫をもってせよ」につけられたトラックバック、「他山の石書評雑記(フリーライター小林拓矢のブログ)」からでした。それには「最新の『婦人公論』で、小谷野敦さんが過去の恋愛体験談を書いている。文章の終わりで、結婚したことを報告している。21歳下の女子大学院生で、ブログで出合ったとのこと。」とありました。
 驚いてネット上でいろいろ検索してみると、『週刊新潮』にも関連記事が出ているというので、早速入手しました。
 お相手は21歳年下の柴田葵さん。東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学専攻の院生です。写真も出てましたが、なかなか可愛い人です。前に拙ブログで紹介した「七ヶ条の求婚条件」にも合致しているのでしょう。
 素直に祝福したいと思います。正直、ちょっとうらやましいです。

 なお、グーグルで「柴田葵」を検索すると、まず同名のAV女優が出てきます(^_^;)。


  1. 2007/07/01(日) 05:58:30|
  2. 購書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

azev

Author:azev
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する