Im Anfang war das Buch-購書&購盤日記-

本やCDを買う日々の記録です。完全版はこちら → http://blog.goo.ne.jp/azev

《読書》船戸与一『事変の夜 満州国演義2』新潮社



●〔51〕船戸与一『事変の夜 満州国演義2』新潮社 2007
(2007.06.12読了)

○内容紹介
軍部の暴走をめぐり対立する太郎と三郎、流されるままに謀略馬賊として軍に協力することとなった次郎、自分の犯した罪のため上海に潜伏する四郎…四兄弟の苦悩をあざ笑うかのように満州、そして上海で戦火が炸裂する。四つの視点がつむぎだす満州クロニクル、「満州事変」を描く第二巻。

 『風の払暁』に続き、市民図書館で借りて読みました。面白く読むことができました。
 この巻では満州事変までのことが描かれていますが、主人公の敷島四兄弟はまだまだ単なるコマに過ぎず、自分の意志を発揮して動いているようには思えません。今後の展開が注目されます。
 四兄弟にまとわりつく関東軍特務・間垣徳蔵ですが、『風の払暁』の冒頭にある会津戦争のエピソードと何か関係があるのでは?

※船戸与一インタビュー「だれも書いたことのない満州を」(『波』2007年5月号より)



スポンサーサイト
  1. 2007/06/17(日) 06:02:11|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<《読書》山崎浩太郎『名指揮者列伝-20世紀の40人-』アルファベータ | ホーム | 《映画》2007.06.12「月光の囁き」>>

コメント

お世話になっております

おもしろいもの見つけました!

http://z.la/vgie1
  1. 2007/06/18(月) 06:05:35 |
  2. URL |
  3. みゆき #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azev.blog59.fc2.com/tb.php/457-8145d7d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

azev

Author:azev
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する